借金返済は無料相談で解決【債務整理は簡単だった!】 » 債務整理の基礎知識 » 債務整理後はブラックリストに載ってしまう?

債務整理後はブラックリストに載ってしまう?


債務整理後にブラックリストに名前が載る、と言われていますよね。

 

しかし、実際にブラックリストと呼ばれるリストが存在しているわけではありません。

 

債務整理後には、信用情報機関にその旨についての情報が登録されてしまいます。このことをブラックリストに載る、と一般的には言います。

 

ブラックリストに載ってしまうと、借り入れはできなくなってしまいます。貸金業者は新規の借り入れの申し込みを受けたとき、信用情報機関に登録情報を確認するのですが、借り入れを申し込んできた人の事故情報の登録があれば、貸付は行いません。お金を貸しても返してもらえないリスクがあるからです。

 

ちなみに、ブラックリストに掲載される期間は債務整理後5年と言われています。つまり、5年たてば登録は抹消されるわけです。

 

ほかにも、入金予定日から3か月以上延滞をした場合は、延滞中ずっとブラックリストにその旨が載ります。延滞解消をしても、延滞解消日から1年情報が掲載されます。

 

さらに自己破産申し立て、個人再生申し立てをした場合も、5年間情報が載ることになるのです。ただしこれは一例で、信用情報機関によっては掲載されない例もあるようです。

 

債務整理後に1度でもブラックリストに載ってしまうと、その後一生借り入れやカードを作ることができなくなる、と思っている人もいると思います。

 

しかし、そんなことはありません。信用情報機関に事故情報が掲載されていなければ、借り入れを申し込むことは可能となるでしょう。なので、事故情報が抹消された後なら、また借り入れはできるのです。


債務整理強い専門家がわかる!

債務整理おすすめランキング

 

この記事に関連する記事一覧