借金返済は無料相談で解決【債務整理は簡単だった!】 » 債務整理の基礎知識 » 債務整理後にクレジットカードは作れるの?

債務整理後にクレジットカードは作れるの?


クレジットカード

債務整理をすると、クレジットカードを作ることができないのではないか。

 

このような不安を抱えている人は多いと思います。しかし安心してください。債務整理後でも、カードを作ることは不可能ではありません。

 

債務整理をするとクレジットカードは一生作れない、ブラックリストに載るといった勘違いをしている人は、実は多いのです。

 
債務整理には、裁判所を介さずに行う任意整理と過払い金請求、さらに裁判所を介して行う自己破産と個人再生があります。これらは、いずれも債務者に対する救済措置です。なので、借金が減ったりなくなるので、債務者にとってはうれしい制度とも言えますね。

 
しかし、クレジットカード会社からするとどうでしょうか。貸したお金が帰って来なければ、その顧客とは二度と取引をしたくないと考えるのが自然ですよね。

 

また、他社で債務整理を行った人に対しても、「この人は債務整理をしたことがあるから、うちのカードを発行したくない」と考えてしまうことでしょう。

 
このために、債務整理後にクレジットカードの申請をしても、審査に通らないことは多いです。しかも、債務整理の対象となった会社でのカード発行は、一生できないと思った方がいいかもしれません。

 
しかし、他社のカードなら発行できる可能性はあります。債務整理の事実は、個人信用情報と官報から調べることが可能です。個人信用情報の保有期限は5年ですので、債務整理から5年経過すれば、他社でカードを発行できる可能性は高まります。

 

官報の情報保有期限は10年で、自己破産と個人再生が掲載されます。これに該当する人は、10年経過すればカードの発行が可能になるかもしれないのです。


債務整理強い専門家がわかる!

債務整理おすすめランキング

 

この記事に関連する記事一覧