借金返済は無料相談で解決【債務整理は簡単だった!】 » 債務整理の基礎知識 » 自己破産のデメリットって?

自己破産のデメリットって?


借金

自己破産というのは、借金を一度に精算することができるために、とても魅力的な制度に思えるかもしれません。しかし、それなりのデメリットもあることをきちんと理解しておきましょう。

まず、一定の財産を失ってしまうということです。

 

 

自己破産をすると、土地やマイホーム、別荘といった不動産はすべて失い、現在所有している財産の大半が差押えとなってしまいます。

 

 

車を持っている場合は、その車に20万円以上の資産価値があると差押え対象となります。また、99万円を超える現金や20万円以上の預貯金、株券、有価証券、生命保険の解約返戻金といった物も差押え対象です。

 

 

つまり、自己破産をすると借金はなくなりますが、現金もあまり手元には残りませんし、住む場所もなくなってしまうのです。

 

また、クレジットカードの作成やローンの申し込みが難しくなるでしょう。約5~10年間はブラックリストに載ることになりますので、この期間はまず新たな借り入れやカードでの支払い、分割払いもできません。

 

さらに大きなデメリットは、職業に制限があるということです。自己破産をするまでに追い詰められた人は、その時点で職についていない可能性もありますね。新たに職を探そうと思っても、弁護士、整理し、警備員、建設業者、株式会社の会社役員といった職業には就くことができません。制限されるのは数か月だけですが、次の仕事を探すのが難しくなってしまうでしょう。

 

ちなみに、家族が保証人になっていない限りは、自己破産をしても迷惑がかかることはありません。家族が新たにローンを組もうと思ったときにも影響はないので、安心してください。


債務整理強い専門家がわかる!

債務整理おすすめランキング

 

この記事に関連する記事一覧