借金返済は無料相談で解決【債務整理は簡単だった!】 » 債務整理の基礎知識 » 過払い金請求とは?

過払い金請求とは?


過払い金請求

過払い金とは、金融業者に返しすぎてしまったお金のことです。

 

いわゆるサラ金では、法外な利息でお金を貸していることが良くあります。この場合、実は法律で決まっている以上のお金を払う義務は債務者にはないのです。

利息制限法という法律で、利息の上限は決められています。これまでに払ってきた利息と、利息制限法による利息との差額は、過払い金請求をすることで取り戻すことが可能なのです。

 

このとき、自分で請求をするのではなく、弁護士などプロに相談することで確実に過払い金を回収することができるでしょう。

 

 

そもそも、どうしてこのような過払い金が発生してしまうのでしょうか。
金融業者は、出資法という法律によって定められた上限利息である29.2%ぎりぎりの高金利でお金を貸していました。もしこの上限を超えてしまうと、刑事事件に問われてしまうのです。

 

しかし、実際に債務者に払う義務があるのは、利息制限法によって定められた利息です。10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と決まっています。

 

利息制限法と出資法の間に生じる差異の利率をグレーゾーン金利と言い、2010年に出資法の上限金利が20%に引き下げられたことにより廃止されました。しかし、過去に過払い金を支払ったという事実があるなら、それを取り戻すことは可能なのです。

 
過払い金請求をするには、経験豊富な弁護士に依頼をするに限ります。もし過払い金が140万円以上になる場合、司法書士ではその事件を処理することができないので、弁護士に依頼した方が確実なのです。


債務整理強い専門家がわかる!

債務整理おすすめランキング

 

この記事に関連する記事一覧